オフィシャルブログ|有限会社宮睦

オフィシャルブログ

年末年始のお知らせ

平素は格別のお引き立てにあずかり、

誠にありがたく厚くお礼申し上げます。

さて、誠に勝手ながら下記日程の

令和元年12月27日(金)から令和2年1月5日(日)を

冬季休業とさせて頂きます。皆様にはご迷惑をお掛け致しますが

宜しくお願い申し上げます。 

令和2年1月6日より通常営業致します

有限会社 宮 睦  取締役 宮内 睦男

事務所移転のお知らせ

DSCN2493.JPG

平素は大変お世話になっております。

この度 有限会社 宮睦は 事務所を移転させて頂く運びとなりました

移転先(新住所)は 江東区 亀戸 3-13-13 1F となります。

本格稼働は11月15日以降となる予定で現在移転作業を行っております。

ホームページ等も今後順次改定して行きますので、今まで同様

有限会社 宮睦 をよろしくお願いいたします。

※尚、電話番号、FAX番号におきましては変更はございません。

台風19号

DSCN2271.JPG DSCN2273.JPG

台風19号の被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

上陸の前日に弊社も現場の台風養生を行いました。

現場の中には台風が過ぎ去ってから足場の設置を

行う事にし、敢えて足場を設置しなかった場所も有ります。

但し扉に関してはコンパネを打ち付けてガラスにはテープで養生。

以前、扉が開いてて強風によりシャッターが吹き飛ぶと言う

事例が有ったのとガラスが飛散物で割れて風が室内に

入ってきた時を想定致しました。今回台風通過後に

現場確認しましたが問題は有りませんでした。今後の

自然災害に対しても出来る限りの対応を心掛けております

台風の爪痕

0001.png 0002.png 0004.png 0003.png

台風15号による被災地の千葉県南房総市、館山市に行って来ました

市街地は比較的被害は少ない様でしたがちょっと離れた場所は

ブルーシートの屋根が多かったです。私が行った時は道の方も

かなり復旧し始めており、今後は復興です。お話を聞くとこんな時でも

千葉に来てくださいと言うお話が有りました。近県で千葉に来るのに

躊躇されている方もいらっしゃると思いますが一部を除けば全然

問題なしです!ぜひこれからは千葉の復興に協力して下さい。

来て遊んで美味しい物を食べて何度も来て下さい。これを書いてる私も

実は千葉県人です  。宜しくお願い致します。

本日より・・・

DSCN0954.JPG

夏季休暇も終えて本日より通常営業しております。

残暑厳しいですが体調管理お気を付け下さい。

今月も残りわずか、よろしくお願い致します

有限会社  宮 睦 

夏季休暇のお知らせ

残暑お見舞い申し上げます。熱中症にはご注意ください

改めまして明日の令和元年8月11日(日)より8月18日(日)まで

夏季休暇とさせて頂きます。8月19日(月)より通常営業となります。

ご不便ご迷惑をお掛けいたしますが何卒宜しくお願い致します。

有限会社  宮 睦    従業員一同

夏季休暇のお知らせ

いつもお世話になっております。2019年夏季休暇

のお休みをお知らせさせて頂きます。下記の期間は

ご迷惑をお掛けしますが「業務お休み」とさせて頂きます。

令和元年8月11日(日)~令和元年8月18日(月)

※令和元年 8月19日(火)より通常業務とさせて頂きます。

宜しくお願い致します。  有限会社  宮 睦

境界石と境界プレート

DSCN0736.JPG DSCN2477.JPG DSCN8229.JPG DSCN8230.JPG

解体作業で気を使う点のひとつとして隣地との境を示す「境界標識」が
あります。標識は石であったりプレートで有ったり様々です。
これはとても大事なのです。土地の売買が行われる現場においても
建て直しの現場においてもお互いの土地の境目を決めた標(しるし)として。
家屋解体作業において当然ながら動かさないのが大前提です。
中にはなかなか困難な場所にあったりします。この場合は元請や
依頼主に動く恐れが有る事を伝え周りを残す方法を取らせて頂いております。
新規で境界石を入れる場合も有ります。その時でも必ず確認させて頂きます。
境界標識を入れ直すとなると測量士の手配等が必要になります。
私たち宮睦は営業・監督・作業員問わず作業に入る前に必ず境界標識の
有無を確認してからの作業を行う様にしております。

出てきた物は・・・

DSCN9888.JPG DSCN9865.JPG DSCN9873.JPG DSCN9901.JPG

前回の試掘中に出土した地中障害物(工作物)は基礎かと思われます。

一辺の横の長さが約5~7mで縦は80cm位でしょうか。ブレーカーで

少しずつ砕いて撤去いたしました。この他にも煉瓦で出来た工作物・

昔の土管など掘れば掘るほど出てきました。ダンプで10台ほど・・・

売買が絡んでいる土地に関して地中障害は売り主責任で撤去しないと

いけないのです。試掘前に「いくらかかりますか?」と聞かれる事が有ります

正直これは掘ってみないと解らないので金額の返答はしかねます。

出来る限り試掘して出てきた物は施主様・元請業者に確認して頂いております。

御納得頂いてから搬出する様にしております。次回はまた別の話題で。

試掘について・・・

DSCF05412.jpg DSCN96602.jpg DSCN97392.jpg DSCN97452.jpg

都内の某所にて解体工事完了後に試掘の申し出がございました。

試掘をしてみると色んな物が出てきました。例えば松杭。大谷石にガラ等・・・

土地の売買における地中障害は売り主側の責任に成る事が多々です。

建物を建てるにしても地盤調査のドリルが入ってくのを地中障害物が邪魔したりします

その為に地山(元々の地層)が出る辺りまで掘ったりします。掘り出すとこのような山が・・・

この後さらに大きな構造物が出てきました。 旧基礎でしょうか?バケットの爪が

当たってガリガリ鳴き始めたので人力で大きさを確認すべく土を退かします。

全貌はこの様な感じでした。「く」の字型の構造物。1辺5m位でしょうか。これも撤去します。

それはまた次回で。